『キングダム』

先日、身内4人でお蕎麦屋さんに入ったのですが、
他の3人にはお茶、私にはなぜか水が出され、
「え、、もしかして子どもだと思われた…!?!?」
と衝撃を受け、大爆笑してしまう事件がありました。

たしかにその日はTシャツ短パンにリュックという夏休みの少年ルックではあったけど、
学生に間違われるならまだしも、まさかこの歳で子どもに間違われるとは…(笑)

なかなか忘れられない思い出になりました。

まあそれは置いといて、
最近ハマりつつある漫画、『キングダム』の話を少々。
(ほんとにちょっとだけ。ネタバレできるほど内容を語れないのでネタバレなし)

『キングダム』はひとむかし前にやってたアメトーークの「キングダム芸人」で初めて知ったのですが、
その時に面白そうだなーいつか読みたいなーと思っていたものの、
いざ借りようと思うとあんまり表紙の絵が好きじゃなくて、
また今度でいいやーと思っていた作品(笑)

それをこの度ついに借りたのですが、
もう面白くて止まらない(笑)

あれだけ絵がそんなに好きじゃないかも…と思っていたのも、
第1話からすでにまったく気にならないという。

まだやっと20巻まで読んだくらいだけども、
とにかくストーリーに勢いがあります。
ほぼ常に戦っているので、中だるみとかする暇がない。

内容としては、中華全土の統一を目標とする秦の大王(まだ少年)と、
天下の代将軍になることを夢見て、彼を手助けすることになる少年、信の物語。

主人公は信の方ですが、とにかくまっすぐで信念が強く、そして強い、というのが
少年漫画っぽくてとても良い主人公だなあと思います。

私は中国史にはむかしからそんなに興味はなかったのだけど、
こうして漫画で読んでみるとやっぱり面白い。

カタカナに比べると漢字の名前を覚えるのが苦手なので、たまに誰だっけ?となる登場人物もいるけども(笑)、
主要人物は皆迫力もあり、それぞれに個性があって格好良いです。

ずば抜けて気に入っている人物はいないと言えばいないのですが、
超人気キャラという噂の王騎将軍はやはり別格!

たしかアメトーークでもみんなが好きっぽい感じだったと思うので、
きっとすごい人物なのだろうと最初から予感していたのですが、
ほんとに絶大な存在感ですごい人。
人気があるのもほんと納得。

今は40巻弱出てるのかな…?ということで、まだまだ道半ばですが、
今後もしっかり読んでいきたいと思います!

中国史が好きな方はもちろんのこと、
そうでなくても十分楽しめると思うので、機会があればぜひ手に取ってみてもらいたい作品です(´v`*)

Liebe Grüße,
Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする