4年前の今日

あの日は春めいたうららかな日で、

まだ一度も着ていなかった白いコートをおろして出かけた。

お父さんの誕生日だから

早目に退社してプレゼントを買って帰ろうかな、と考えていた午前中。

そんな平和ないつもどおりの1日は、あの時間を境にして、大きく姿を変えてしまった。

今までに感じたことのない恐怖と、

人間が積み上げてきたものを一瞬で自然に還してしまう大きな力。

喪失感と虚無感、自分の無力さを思い知る一方、

人は人を超える何かに生かされている、という感覚が心の深いところに刻まれた日。

4年前の今日を過ごしたすべての人が、

本当の意味で平和に、心穏やかに過ごすことのできる日が

1日も早く来ますように。

当り前にやって来るわけではない今日に感謝をして、

大切に時を刻んでいきたいと思います。

Liebe Grüße,

Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする