Breakfast at TIFFANY’S

ティファニーブルーのボックスと白いサテンのリボンにはずーっと前から憧れがあって、

いつかティファニーのアクセサリーが欲しい!と思ってたんたけど、

なんとなくこれまで縁がなくて、ティファニーを手に取ることはありませんでした。


だけどいろんなめぐり合わせで、ようやく「今だ」と思えたので、

先日ついにティファニーでネックレスを買いました(´v`*)

もうね、ほんと。

このなんとも言えないブルーのボックスを見ているだけで幸せです。


アクセサリーそのものだけでなく、そこにある物語性にこんなにわくわくできるなんて、

すごく素敵なことだと思う。

べつにアクセサリーじゃなくても、装丁にものすごいこだわりを持ってつくられた本とか、
そういうのでもなんでも。

ものだけでなく、それの持つ背景まで愛せるようなものに出会えたときは、

届くなら手を伸ばした方がいいと思う。

「もの」で豊かさははかれない、とはよく言うけれど、

そこに「もの」以上の価値を見出せるものであれば、
それと一緒に時間を過ごしたとき、心が豊かになると思うんです。

「もの」は最終的には手放さなければいけないけど、
お気に入りのワンピースで出かけた思い出とか、お気に入りの食器で食事をした思い出とか、
そのときのわくわくした感情って、きっと一生残るから。

と、話がずいぶんそれてしまいましたが。

せっかくティファニーを買ったので、その幸せな気持ちを最大限にかみしめるため(笑)、

久々に『ティファニーで朝食を』を観ることにしました。

説明なんていらないくらいの不朽の名作。

クラシックな映画独特の、シンプルでおしゃれなこの雰囲気が大好き。

自由気ままにふるまって、時に感情の起伏が激しくなって危なっかしくて…という
魅力的なホリーを演じているオードリー・ヘプバーン。

本当にかわいくて美しいです。


オープニングでホリーがティファニー本店のショーウィンドウの前でクロワッサンを食べるシーン。

海外ドラマのgleeでもレイチェルとカートがやっていますが、いつかは私も!と思っています(笑)

全体のテーマになっている「moon river」も大好きな曲。

小学生の時、音楽の授業でリコーダーで吹いたのが最初の出会いだったけど(笑)、

授業中にホリーがうたうシーンのビデオを見せてもらったこととか、今でも覚えてる。

このおしゃれな映画で唯一、日本人としては特に残念なのはやっぱりユニヨシだなあ。。

特典映像でもみんなが「あの役は日本人にやってもらうべきだったと思う」って言ってるけど、

まあそうですよね、という感じ。

でもほんと、その他のシーンはとても素敵で、

これを映画館のスクリーンでコーヒーとか片手に観たいなあ…と思ってしまう作品のひとつ。

美しいハッピーエンドに、幸せな気持ちにさせてもらいました。

Liebe Grüße,

Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする