秋田旅行記 -1日目- ①秋田市

今年はシルバーウィークなんていうものはないようなカレンダーになっておりましたが、
先週末、1泊2日で秋田へ行ってまいりました。

「旅行」と言いつつも、メインは2年半行けていなかった祖父母のお墓詣りですが、
せっかくなので温泉や観光も楽しんできたので、
旅の様子を記したいと思います。

父の実家がある秋田には、子どもの頃は毎年行っていたのですが、
当時毎年乗っていた寝台列車「あけぼの」も今は廃止となってしまったので、
大学を卒業してからは(当初はまだぎりぎり寝台列車も動いてたなあ。。)新幹線を使っています。

というわけで、今回も列車の長旅となりました。

1日目

家を出たのは朝6時すぎ。

秋田へは新幹線で向かうので、東京駅からこまち&はやぶさの連携みたいな新幹線に乗り込みました。

近影すぎてこの部分しか撮れてませんが(笑)、
左がはやぶさ、右がこまちです。

今回の旅に同行してくれたねずみ。
座らせてみたらチャイルドシートっぽくなりました(笑)

その後もこんなふうに遊んだり、列車内で朝ごはんやお菓子を食べたり。

あっという間、とは言えませんが、意外とあっさり4時間経ち、
7時半に東京駅を出て、11時半には秋田駅に到着しました。

無事秋田到着でほっとするねずみ(一応ポンポヤージュという名前をつけています(笑))。

ちょっと前に新幹線こまちが熊にぶつかったというニュースがあったのですが、
今回は何事もなくて良かったです。

駅までは叔父さんが車で迎えに来てくれて、ひとまずお昼を食べるために稲庭うどん屋さん(?)へ。

ちょうど従妹2人も同じタイミングで秋田に帰ってきていたので、
みんなそろって豪華な昼食をいただきました。

お店は無限堂さんというらしいのですが、
店内もとても趣があり、素敵なところでした^^

そしてまた車に乗り、懐かしのおばあちゃんの家へ。

旦那も一緒にその場にいるのが少し不思議な感じでしたが、
今回の一番の目的は、祖父母やご先祖様に結婚報告をすることだったので(秋田だけはなかなか来られなかったのでできずにいた)、
2人で仏壇にお線香をあげることもでき、
ずっと「やらなければ」と思っていたことを達成できてほっとしました。

それからみんなでお墓詣りへ。

山の中、とまでは言わないけれどこういった道を歩くので、
最近も「近くに熊が出た」という情報があり、もしかしたら行けないかもと思っていたお墓詣り。

みんなでぞろぞろと行ったら大丈夫でしたが、
野生の熊が出る恐怖と隣り合わせの生活は東京ではまず考えられないので、
いろいろ大変だろうなあ、と思わされました。

動物や天災による被害が出ることのないよう、祈るばかりです。。

お墓詣り後は、家でゆっくりさせてもらい、
周りを散歩してみました。

幼い頃から変わることのない風景。

秋田に行ける日を指折り数えて楽しみに待ったことや、
東京に帰りたくなくて泣いたことなど、
この風景を見るだけでいろいろなことが甦ります。

祖父母が亡くなってあまり頻繁に来ることがなくなってしまったという事実も寂しいなあ。

一面に広がる田んぼは、もうじき稲刈りの季節です。

もっとゆっくりしていたかったのですがこの日は天気が不安定で、
ぽつぽつ雨が降ってきたので家に戻りました。

その後、私は旦那と2人で大仙市というところにある宿に泊まることになっていたのですが、
在来線で移動しようと思っていたところ、なんと叔父さんが車で送ってくれることになり…(!)

本当に、ものすごく助かりました!

この宿もまたいろいろ面白くて素敵な宿だったので、
次の記事で詳しく触れたいと思います^^

Liebe Grüße,
Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする