3年日記

実は高校卒業前からこの10年ほど、毎日日記をつけています。

数か月ためて、あとからメールとかを頼りに書き起こすこともあるんだけど、、

一応、自分の中では1日も欠かしていないつもり(笑)

ちょうど昨年末に親友が「3年日記」の話をしてくれたので、

今年の1月からは人生初、3年日記をつけています。

3年日記」とは何かというと、文字どおり3年間の出来事を書けるようになっている日記。

ページごとに日付が印刷してあって、その下に3年分のスペースがあります。

2015年の11日の出来事も、2016年、2017年の11日の出来事も同じページに書けるようになっているので、

去年のこの日はどんなことがあったのか、どんな自分だったのかを振り返りながらつけられるようになっています。

3年日記を始めたばかりの今年はまだ、去年の自分を振り返りたいと思ったら去年の日記を見るしかないんだけど(笑)、

来年、再来年と同じページに自分がどんな日記をつけていくのか、なんだか今から楽しみです(´v`*

3年日記の長所でもあり短所でもあるのが、書くスペースが限られていること。

私はけっこう、面白かった他人の発言とか事細かに日記を書きたいタイプなので、

3年日記だと毎日スペースが足りなくなります(笑)

でもスペースが限られている分、あまり時間がない時もすぐに書けるから

今までみたいにため込むことがなくなりました。

その時の心情とかってやっぱりその時ならではだし、日記はリアルタイムで書くのが一番だよね。

スペースが限られているもうひとつの利点は、どうでも良いことは省略して、

その日自分にとって一番重要だった出来事に焦点を当てて書けること。

だらだら書くのではなくて、その日のポイントのみを書くのって、

自分にとって何が大切で何がそうではないのかを見極める良い機会にもなるし、

なかなか面白い作業だなあと思います。

べつに毎日書かなくても、楽しいこと、嬉しいことがあったときだけでも良いと思うんだけど、

「今」の自分を残せるって楽しいと思うし(日記を書くだけがその方法ではないとも思うけど)、

個人的には日記を書くのっておすすめです。

ひとまず今の3年日記の土台となる今年、

大切なことをしっかり記録していきたいと思います^^

Liebe Grüße,

Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする