2014年をふりかえって

2014年、大晦日。
今日は父と調布市の深大寺までドライブに行ってきました。

ここ数年、年末に深大寺を訪れるのが恒例になっているのですが、

やっぱりこの年末ならではの賑わいが独特の雰囲気で楽しいです。

(下の写真からはあまり賑わいが感じられませんが、本当は賑わってます)

2014年。

なんだかこれまで生きてきた中で、一番時間の流れが速かったような気がします。

 

と言いながらも、振り返ればやっぱりいろいろ盛りだくさんだった年で、

涙が止まらなくなるような出来事もあったけど、

それ以上に楽しいこと、幸せなことがたくさんあった一年でした。

 

特に、「今までも知り合いではあったけれど、そこまで深い関わりのなかった人」と

ぐっと距離が縮まることが多かった年だな、と思います。

必ずしも、出会ってすぐに打ち解けられる人だけが相性の良い人とは限らないんだな、って思った。

そんな新しい発見がありました。

 

この一年でもっとも感動した出来事は、浅田真央ちゃんのソチ五輪でのフリーの演技。

あれから一年弱が経つ今も、当時の映像を見ると感動がそのままこみあげてきます。

前日のショートがあってこその、あのフリー。

月並みだけど、オリンピックの順位と印象に残る演技って比例しないんだな、と実感しました。

次の日の朝、感動で泣きはらした目で出社したのも良い思い出(笑)

 

もっとも印象に残った舞台は、やっぱり坂本真綾さんと井上芳雄さんの『Daddy Long Legs』でした。

クラシカルな雰囲気もあるシンプルな舞台だからこそ、「何度でも観たい」と思わされる作品。

叶うなら、もう一度同じキャストでこの作品を観たいです。

 

この流れで一番印象に残った映画、本…と続けたいところですが、

振り返ってみるとこの一年はあまり新しい映画や本に触れなかったというのが正直なところ。。

ただ、小学生のとき映画館で観て以来、ずっともう一度観たかった映画、

『フック』を観る機会に恵まれたのは良かったなあ、と思います。

小さい頃は話の流れをつかみきれない部分もあったけど、

大人になった今だからこそ共感して感動できるシーンもありました。

 

本の方はほんとに比較できるほどの数を読めなかったなーと思うので、

来年は既読のものにせよ新しいものにせよ、もっとたくさん読みたいなと思います。

 

 

まだまだ日は浅いけれど、足踏み状態から一歩進んで、ブログを始めることもできました。

やっぱりいろいろな人との関わりが背中を押してくれた年だったので、

関わってくださったすべての人に感謝しながら、新しい気持ちで2015年を迎えたいと思います。

来年は今年受けた恩を、よりたくさんの人に返していくことを目標のひとつにしたいです。

 

今年一年、本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

Liebe Grüße,

Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする