『LA LA LAND』

blogをあまり更新できてないうちに3月も早くも終わりに近づいているわけですが。。

何かと話題でずっと気になっていた映画、『ラ・ラ・ランド』を観てきました(´v`*)

感想としては、私はとっても好きでした。
余韻のある、とても美しい映画だと思います。

以下、なるべくネタバレしないように核心には触れずに感想を書きますが、
ネタバレが嫌な方はご注意ください。

この作品、あんまり事前に情報を収集してなかったので、ちょっと想像と違うところもあったというか、
にぎやかなシーンの多いミュージカル映画なのかと思っていたら、
全体的にしっとりした作品だった。

歌や踊りを楽しむのがメインではないと思うので、
やはり大人向けの作品かな、と思います。

でも、いかにも「ミュージカルの始まり!」っていうオープニングの
「Another Day of Sun」にはきっと誰もがわくわくするはず。

車がひしめき合う大渋滞の道で、みんなが車から降りてうたって踊る。
こういう、舞台ではまず表現できないダイナミックな情景が、
ミュージカル映画の醍醐味だと思う。

だだっ広い大自然とかは意外と舞台でも上手く表現できる気がするんだけど、
こういう「たくさんの人がひしめき合っているリアルな日常」を背景にするのは舞台では難しいんだよね。

そういう意味で、オープニングにはある種観たことのない迫力がありました。
曲が終わった瞬間に思わず拍手したくなってしまう、ミュージカル映画あるある(笑)

すべて観終わってからあらためて歌詞を見ると、
このオープニングもしっかり物語の一部なのですが、
本当の物語はこの後から始まります。

舞台はロサンゼルス。

女優を夢見るミアと、ジャズピアニストのセブが主人公。
ミアはカフェでのバイトの傍ら、オーディションを受け続けるも鳴かず飛ばず。
一方のセブも、自分の愛する古き良きジャズが周囲に受け入れられず、鬱憤のたまる日々を過ごしています。

そんな中、ミアがセブのピアノに惹きつけられてバーに入ったことがきっかけで、
2人は徐々に徐々に接近。

『ラ・ラ・ランド』と言えば、
ミアが黄色いワンピース姿でセブと踊る「A Lovely Night」のシーンがかなりクローズアップされているので有名だと思うのですが、
このシーンはやっぱり良かった。

カメラの長回しのおかげか終始なめらかに流れていく印象で、
古き良きミュージカル映画感がありました。

そしてここだけでなく、ミアの衣装は全部かわいかった!
その点でも十分楽しめる映画です^^

個人的には、この後の2人で映画を観るシーンもかなり好き。
ミアを気にして客席後方に首をひねらせるセブと、
スクリーンの前に立ってセブを探すミアがかわいくてほっこりしちゃいました(´v`*)

そうして2人はつき合うことになるのですが、
お互いの才能を信じて認め合って、
何気ない感じで背中を押してあげるやり取りが素敵だなと思いました。

相手に言われなければ決してやらなかったであろうことに挑戦して、
それをきっかけに新たな扉を開いていく2人。

でも、本来の夢とは違う場所で花開き、
その道を本来の夢とすり替えようとしてしまったりすることもあり、
そんな2人の口論もとてもリアルでした。

ある程度成功して安定すると、
本当は別の夢があるにも関わらず、
その軌道から逸れることをリスクに感じて
その場所にとどまり続けようとする。

多かれ少なかれ、そういう経験をしたことのある人は多いと思うし、
私もこの気持ちは本当によくわかる。
でもそういうのって、社会に出てある程度経験を積んだ人にこそ特に沁みるのかなと。

だからこそ、やっぱりこれは大人向けの映画なんだろうなと思いました。

華やかなシーンはむしろ少なくて、
ずっと飽きずに観ていられたかというと、個人的にはそうでもありません(笑)

でも、最後の最後のシーンまで観て、
本当にひとつの作品の完成というか、
とても良い映画を観たなあ、という印象でした。

特にラストの10分くらいが素晴らしいと思った。

「演奏を聴いて…」の台詞からの展開が本当に素敵で、
とても幸せな気持ちになりました。

そこからの、ラストのミアとセブの表情が本当に秀逸。
いつまでも目に焼きつけておきたいくらい。

ネタバレになってしまうので詳しく感想を書けず口惜しいけど、、
エンドロールの間、しっとりとした余韻に浸ることができました。

また観たいなあ、と静かに思わされる作品。
夜に観たので、映画館を出た後もしばらく余韻に浸っていられる感じでした。

最近映画館で海外ものを観てなかったのですが、
非日常感も味わえてやっぱり良いなと思いました。

デートで観に行くのもおすすめです^^
気になっている方はぜひ☆

Liebe Grüße,
Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする