ドイツ旅行記2015 -3日目- ②ザルツブルク

なんて中途半端な状態でブログを放置してしまったのか。。

旅行記を読んでくださっていた方には申し訳ないかぎりですが、
大変長らくお待たせいたしました。

さしあたり、ドイツ旅行記の続きから書かせていただきます!

2015年9月のドイツ旅行。
ミュンヘン発のバスツアー(日本人ガイド付き)で訪れたオーストリア。
前回はハルシュタットという美しい町についてご紹介しましたが、
今回はかの有名な都市、ザルツブルクについて書きたいと思います。

ハルシュタットからそこまで時間もかからなかった気がしますが、
我々はザルツブルクへとやってまいりました。

こちら、ミラベル庭園です。

ザルツブルクと言えば、映画『Sound of Music』。
ここ、ミラベル宮殿&庭園は、映画の撮影地にもなった場所なのです。

これ!!
『Sound of Music』好きの方ならぴんと来るでしょう。

あの「ドレミの歌」でトラップ家の子どもたちが
うたいながら行進(?)していた場所です!

実は留学時代、ザルツブルクへは日帰りで行ける場所に住んでいたので
ここに来るのも初めてではないのですが、
前に来た時は友人とここで『Sound of Music』的な写真を撮りました。
今回は特にありません(笑)

本当に美しい庭園です。
なんだか夏に来たらよりきれいそう^^

その後、歩いて市街の方へ。

ザルツブルクは前に2回ほど電車で来たのですが、
その時と同じ道を歩いたので懐かしかったです。

この橋、やたらと鍵がかかっているのですが、
鍵をかけると一生結ばれる、的なカップルスポットなんだろうか。

市街の中はけっこう道狭め。

モーツァルトの生家!

なんかこのあたりでめっちゃ工事してて、
どうしてもこの超急な角度からしか撮れなかった(笑)

ちゃんとした(?)写真は留学記のザルツブルク観光記の中にあります(笑)

この中庭みたいなところも、9年前と変わりません。

ここはガイドさんが連れて来てくれた岩塩のお店。
ザルツブルクの「ザルツ」というのはドイツ語で「塩」という意味で、
その名のとおりザルツブルクの岩塩グッズが売っています。
普通の塩だけでなく、バスソルトとかチョコレートも。

日本の観光会社と提携とかしてるんであろうお店なので
ちょっと割高かもわかりませんが、
それでも手頃なお値段でお土産を選ぶことができました^^

よく見るとここにも『Sound of Music』が!
50周年だなんて、なんて運命的なタイミングで訪れたんでしょう(笑)

その後もてくてく街歩き。

744年に建てられたという大聖堂。

このあたりで、しばし自由行動となりました。

私たちはあのホーエンザルツブルク城に行くため、

真下にある駅から列車?ゴンドラ?に乗り、

城塞へ!

ここからはザルツブルクの街並みを見渡すことができます。

ドイツとはまたちょっと違う、青い街並み。
初めて来た時もこれに感動したんだったな。

緑もきれいで癒されました。

そのあとは街をぶらぶら。
集合場所は市街地から離れていたので、
帰れなかったらどうしようと思いましたが、
そんなに複雑な通りではないのでちゃんと市街から出ることができました(笑)

そういえばミラベル庭園のとこにもこんな看板があった!
なんかちょっと人形の顔が怖いが(笑)

そしてトラップ大佐の衣装が私の大好きな海外ドラマ、『glee』を彷彿とさせます(笑)

ザッハーホテルのちょっとだけ先にあるカフェ・ザッハーにて、
せっかくなのでザッハトルテを買ってみよう!と思ったのですが…

程よい大きさがなくて、母と2人だと余ってしまうので、
ザッハトルテに準ずるであろう小さいケーキを2つだけ買って
ホテルの部屋で食べました。

全然おいしそうに撮れなかった!(笑)
けど、とってもおいしかったです^^

さてさて。
ドイツへの帰り道は、行きに危惧したとおり大変でした。

国境がもうね、大!渋滞!
20kmの道を行くのに1時間とか掛かりました。

ドイツ警察が車一台一台につき、
難民がまぎれていないかをチェックしていたのです。

この間のツアーでは警察がバスの中まで入ってきて、
全員のパスポートをチェックした、ということだったので、
やや緊張しながらパスポートを手に持っていたのですが、
そこまではすることなく通過できました。

バスに座ってるだけだけど、めっちゃ疲れた1時間。。

そのままバスはミュンヘンに向かい、21時近くに解散となりました。

今回の旅行はけっこう弾丸だったけど、
こうしてオーストリアにまで立ち寄ることができてよかったです^^

ホテルに戻り、この日もぐっすり眠ったのでした。

Liebe Grüße,
Natsuru

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする