寮生活第1日目~閉め出しの夜~

最低限、生活に必要なものはそろえることができるけど、アイヒシュテットは本当に小さな田舎町。

ほとんどのドイツ人が、「アイヒシュテット? それどこ?」と言うので、

「インゴルシュタット(アイヒシュテットの近くにある、アイヒシュテットよりは有名な町)の近くにある町」と説明しないと通じない。

当時の人口は約1万人。

一口に1万人、と言われてもあまりぴんとは来ないけど、東京とはまったく違う環境だということはたしか。

それだけに治安もとても良いと聞いていたので、レオナ、潤、私の3人は、

着いたその日に夜の町へくり出してみることにした。

と、言っても、主な目的は晩ごはん。

あまり遠くまで行ってみるのもなんなので、寮から近いボガーツというお店に入り、

(当日の良い写真がなかったので、実際の日付と整合性が取れていませんがご了承ください。)

私はトマトパスタを注文。レオナか潤のどちらかがチリコンカーンを頼んでいたことだけはなぜだかよく覚えているけど、

もうひとつ頼んだはずのメニューは記憶にない。

パスタは味が少々濃く、サイズも少しばかり大きかったけれどおいしかった。

店員の女の子もかわいくて親切。

日本人には馴染みの薄い「チップ」の文化にはまだ慣れないものの、

アイヒシュテット第1日目の晩餐は楽しいものになった。

夜はさすがに人通りも少なくて、明かりもなく暗い。

とても静かだったけれど、怖さのようなものはまったくなく、むしろ心地よさを感じた。

私たちはのんびりと寮まで帰ってきて…ふと、あることに気がついた。

出かける時は開いていたはずの寮の扉が閉まっている。

しかも、どうやら鍵がかかっている。

急いで各々部屋の鍵を取り出して挿して回したけれど、なんだか開かない…?

他の扉も試してみたけれどだめだった。

通常ならけっこう焦る場面のはずにも関わらず、私たちはマイペース。

いざとなったらこのまま外で一夜を明かすしかないかもね、と話しつつ、ものは試しということで、

駐車場の方へまわり、明かりのついている部屋の窓をノックしてみて、住人に助けを求めることになった。

だけど当然、住んでいるのは外国人。

カーテンの閉まった窓をノックして、中から顔をのぞかせたのが下着姿の金髪女子だった時、

思わずあわわとあわててしまった。

が、夜にいきなり窓をノックされ、その正体は謎のアジア人3人組、というわりと怖いであろうこの状況下にも関わらず、

彼女はにこっと笑って一言。

「何か手伝う?」

天使…!!

うろたえながら、ドイツ語と英語を混ぜ合わせて状況を説明する私たちに、彼女は「寮の入口で待ってて」と言い、

(もちろん服を着て)入口までまわってきてくれ、鍵の開け方を教えてくれた。

どうやら扉の開け方に、少しコツがあったらしい。

こうして私たちは彼女のおかげで、「寮生活第1日目からの閉め出し」というマヌケな展開をなんとか免れることができた。

長い一日だった昨日にも引けを取らないくらい、いろんなことが起こった一日だった。

日本の自分の部屋と比べるとほぼ何もないがらんとした部屋で、

この日は倒れるように眠りについた。

ご参考まで。私たちの寮、マリア・ヴァートの写真↓

留学目次へ

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする