ケルンでの再会

9月のとある月曜日、朝8:30。

部屋のゴミを寮の地下のゴミ捨て場に捨ててから、
なんだかぱんぱんになってしまった荷物を抱え、
私は寮を出発した。

前回のバイロイト観光の翌々日、ものすごく良いタイミングで家から荷物がやって来て、
その後ちょうどPCをつけたタイミングで、ケルン留学中のサークル同期ちぃちゃんがメッセンジャーにサインイン。

その場ですぐさま「月曜からケルンのちぃちゃんの寮に泊まらせてもらう」という約束をしたその直後、
今度はアイルランドで暮らすサークル同期のおかしらから連絡が。

曰く、
「突如仕事が休みになったので月曜からドイツに行けるかも
とんでもなく急だけど、ちぃちゃんとなつるに会えないかな?」

こんなタイミングの良い話があっていいのか。
あまりにも信じられなくて、この時は本気で手が震えた(笑)

ちぃちゃんと5月にアイヒシュテットで再会を果たしたことは記憶に新しいけれど、
実はちぃちゃんと私には、同時期にヨーロッパ入りを果たし、
必ず3人で集まろう!と日本で固く約束を交わして別れたサークル同期、おかしらがいた。

「おかしらって何?」という話になるわけだけど(笑)、
学年が私たちより上で、背が高くてとってもきれいなお姉さんである彼女のことを、
ちぃちゃんと私は「おかしら」と呼んで本当に仲良くしてもらっていたのだった。

ついにヨーロッパで夢の三巨頭会議が実現する!!

それを思うともう待ちきれなくて待ちきれなくて、ようやく迎えた月曜日。

私は日本で言うところの新幹線的な乗り物(新幹線の方がずっと速い)、
ICE(ドイツ語的に言うとイー・ツェー・エー)に乗ってケルンに行くため、
ひとまずニュルンベルクへ向かった。

途中、トロイヒトリンゲンという駅で30分列車を待たなければいけなかったり、
ニュルンベルクでも駅で1時間待たなければいけなかったりしたけれど、
駅の売店で日本の漫画(ドイツ語版)を立ち読みして時間をやり過ごし(笑)

そして乗り込んだ、人生初のICE!

指定席で予約していた席は広くてとっても快適で、
見なかったけれどなんだかテレビのようなものもついていて、
トイレも広くてきれい、という夢のような空間だった。

ケルンまでは5時間ほど乗りっぱなしだった気がするけれど、
本を読んだりして自由に過ごし、
少しの遅延もありながら、18時過ぎに無事にケルンに到着!

ちぃちゃんがアイヒに来てくれた時はなかなか会えずにやきもきしたものだけれど(笑)、
今回はすんなりと再会できた。

そしてほどなくして、空港からバスに乗ってやってきたおかしらとも再会!
もう嬉しすぎて嬉しすぎて、駅でどれだけはしゃいだか知れない(笑)

そしてケルンと言えばこれ、ケルン大聖堂。

接写すぎて全体像がつかみにくいけれど(笑)、
列車の窓からこの大聖堂が見えた時はやっぱり感動してしまった。

少しだけ中を見学して、
食材を買って、電車でちぃちゃんの暮らす寮へ。

夕飯を食べながら笑い転げ、
寝る段になっても笑いが止まらずすっかり寝不足になってしまったけれど、
本当に楽しくて楽しくて、忘れられない一夜になった。

留学記目次へ

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする