レゴランド ドイツ②

前回はレゴランドにある人や動物のオブジェを中心にお届けしたけれども、
今回はレゴによってできた町や建物の写真を中心に載せたいと思う。

まずはこちらののどかな風景。

まあ当然ながら芝生や草花はレゴではないのだけど、
水車の家とか、
農作業の風景とか、
こんな精巧な作品も作れるんだなあ、と感心していると…

いきなり現れた大物!

バイエルン随一の観光名所、
ノイシュヴァンシュタイン城!

これがもう、どこから見ても完璧な造り。

しかもけっこうな大きさで…

中の広間も垣間見えるようになっているという…。

まだまだ続く、レゴの末恐ろしさ。

広いスペースを惜しみなく使った空港。

滑走路も!

何の建物だったか思い出せないけど、こんな建物もあれば…

水の都、ヴェネツィアも。

なんだこの、芸の細かいゴンドラ!

と、今写真を見てもうなってしまう。

天才としか言い様がない。

一体どれだけの人が制作に携わっているのか。

こちらはミュンヘンのサッカースタジアム、アリアンツアレーナ。

きちんと中も見えるようになっていて…

これまた圧巻。

これもどこの国の何だったかが思い出せない。。


ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)の駅。

異様に気になった人。

前回載せ忘れたっぽい犬(笑)

こんなすごいものを続けざまに見せられると、
思わず自分もレゴで何か作ってみたくなってしまうものだけど、
まあ自分で組み立ててもこう上手くはいかないだろうということで、

お土産ショップでは悩みに悩んだ末、
レゴサンタのキーホルダーと、
異様にかわいいカラフルなレゴのマグネットセットを購入。

帰りのシャトルバスで、レオナと潤とレゴサンタ劇場を開いて遊んでいると、
後ろの座席の見知らぬお年寄りに、「ほっほっほ」と笑われた(笑)

アイヒシュテットに戻る最中、偶然出会った知り合いの学生たちに
「レゴランド行ったんだ♪」と言うとやはりなぜか爆笑されたのだけれど、
子連れでなくともレゴランドは行く価値あり!
と、ここに断言したい。

本当は次の日、ミュンヘンの美術館に出かける予定だったのだけど、
すっかり遊び疲れて予定を延期してしまった我々だった(笑)

留学記目次へ

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする