スペイン旅行記 -5日目-①サラマンカ

スペイン旅行、5日目の朝を迎えた。

この日も寝不足を押しつつ、
ホステルの食堂で食パンとオレンジジュースをごっそり拝借してから(笑)出発!

地下鉄で移動し、サラマンカ行きのバスに乗り込んだ。

サラマンカこそは、サークル同期のぴのがこの秋から留学している町。
旧市街全体が世界遺産に登録されている町と聞き、
かなりわくわくしながらの道中だった。

サラマンカまではバスで2時間半ほどかかる。
連日の寝不足がだいぶ効いていたので、
バスの中で睡眠を取ろう!
…と思っていたのも束の間。

隣に座った中国人の方がいきなり日本語で話しかけてきて、
半分くらいはその人としゃべって眠れない旅となった(笑)

「サラマンカの大学で1年勉強する」と言っていた彼は日本語も上手で、
異国の地で出会う学生は勉強熱心な人ばかりだなあと恐縮した。

そしてバスは、予定通りの時間にサラマンカに到着。

バスの窓から外を見た私の目に、ターミナルまで迎えに来てくれたぴのの姿が飛び込んできた!

本当にお互いの留学中に直接会うことができてちょっと感動(?)したのだけど、
最初に交わされた会話は「久しぶり!」とか「元気?」とかいうものではなく、

ぴの「(その上着)あったかそうだね」
私「うん、これ昨日スペインで買っちゃった」

というなんとも日常的なものだった(笑)

私たちのスペイン旅。
これまで言葉が通じないことだらけの珍道中だったけれど、
語学堪能なぴのが仲間に加わったことで、急にスムーズになり出した(笑)

「パラパラポロポロ」(と聞こえる)としゃべりながらぴのは帰りのバスのチケットを手配してくれ、
我々をタクシーに乗せてホームステイ先までつれて行ってくれた。

いざタクシーに乗ってみると、ぴののホームステイ先はけっこう遠く、
わざわざターミナルまで迎えに来てくれたことにちょっとだけじーんとした(笑)

タクシーの運転手さんとぴのは謎の会話で盛り上がっており、
後で聞いたところによると、この運転手さんは日本好きの方だったらしく、
途中でメーターを止めてくれたりしていたのだとか。

旅をしていると、こんなふうに次から次へと優しい人に出会えたりする。
もちろん逆も然りだけれど、なんて懐の広い温かい人が多いんだろう、
と感心してしまう。

ぴののホームステイ先のお母さんも、同じように優しくて温かい人だった。

もう、絵に描いたような「スペインのお母さん!」という感じの雰囲気の人で、
ぴののことをとてもかわいがっていることが伝わってきた。

私たちもお母さんからジュースやお菓子をごちそうになって、
それからぴのの部屋を見学。

1人部屋なのになぜかベッドが2つあったり(笑)、
スーツケースにはぴの手作りのシールが貼ってあったりと

突っ込みどころ満載だったけれど(笑)、
非常に和む昼下がりとなった。

スペインで買ったというギターを披露してくれつつ、
ぴのは我々を蚤の市へつれて行ってくれた。

どうやら我々がサラマンカに来ると聞き、
ぴのは「どうやって時間をつぶそう」とあれこれプランを練って下見したりしてくれていたらしい。
スペインに来て1ヶ月くらいしか経っていないはずなのに、
「ここに来るの3回目」と言っていた(笑)

ちなみにこの辺りで、こんな美味しいごちそうも食べた(笑)
やっぱりスペインの食事は絶品!

その後、荷物を取りに再びぴののホームステイ先に戻った私たちは、
これまたタクシー移動前に、小さなバルに連れて行ってもらった。

そこでイカリングとパエリアを食べさせてもらったのだけど、
これもまた美味しい!!

ちなみに私の記憶が正しければ、このお店では食事の時に出たごみを床に落として帰る、
みたいな風習があり、
店員さん的には「これがスペイン流☆」みたいな話だったと思うのだけど、
後にスペイン人の友達に聞くと「え、なにそれ!」みたいな反応をされた。
ので、一体なんだったのかはいまだに謎(笑)

美味しいものを食べてばかりの私たち。

その後、いよいよホテルのあるサラマンカ旧市街へ移動することになった。

留学記目次へ

スポンサードリンク

シェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする